周囲に食料品や日用品が変えるスーパーマーケットがあると便利

借りる家の近くにはスーパーマーケットがあると便利!

賃貸物件を借りる時の注意点として、周辺環境の利便性というのも大きなポイントのひとつとなるでしょう。特にオススメの周辺環境は『スーパーマーケットが近くにある』という環境です。日々家事をこなさなければならない主婦は、家族全員の買い物を任されることもしばしば。実際に毎日の食事の準備はかなりの重労働でもあります。もし、車を所持していない世帯ならば、徒歩で買い出しに行ける距離、遠くても自転車で行ける距離にスーパーマーケットがあるとかなりの利便性があるといえます。水や米、調味料などの重い物の買い出し、料理中に気づいた買い忘れなど、サッと出かけて買い物に行ける距離にあるというのは、かなりストレスフリーな環境だといえます。

なぜ商店街ではなくスーパーマーケット?

「サッと買い出しに行ける距離であれば、商店街でもいいのでは?」とお思いの方もいるでしょう。しかし、スーパーマーケットの方が利便性が良いといえます。まずは、営業時間です。昨今のスーパーマーケットは年中無休や、年末年始以外は営業しているなど、営業日数が多いことが特徴的です、また、深夜近くまで営業していたり、所によっては24時間営業の店舗も少なくありません。特に大型スーパーマーケットでは、一度の買い物で、食料品から日用品・医療品・衣類までひとつの施設でまとめて買い物をすることができます。子育て世帯や年配の家族がいる世帯など、たくさんの店舗を走り回るよりも1店舗でまとめて購入できる所が利点であるといえます。